New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピンに住んでいる私であるが、最近思うことである。
生活を3ヶ月共にした女性が私の元を去っていった

正確に言えば「貴方とは一緒にいられないから出て行ってくれと」
追い出した形になるのであるが、一連の女性たち、即ち我々庶民が係る女性たちは往々にして今の生活だけを考えて生きている人が多い。

彼女たちに「肝心なのは今のお金ではなく、お金を生み出す人間の努力」だということが私の持論であり飲みに行ってもそんな話をいつもしている気がする。
それも飲酒の摘みとしてはいいのかも知れないが、彼女らがどこまで理解しているかが疑問でもある。

彼女たちは「面倒な話より私にドリンクをちょうだい」と思うのが普通であろう。
しかし常々思っているいることが口に出てしまうのは人間の習性であり、アルコールを飲めば尚の事である。

私のことはさておき本題であるが、フィリピンという国で25年以上暮らしているのだが、このフィリピンの一般常識、と言うより庶民の暮らしぶりとでも言うのであろうか・・・・

フィリピンでは有名な歌手であり、ヒット曲も数多く出しているフレディー・アギラという歌手がこの生活ぶりを皮肉っているのか解って欲しいという思いで歌ったのか、
彼の歌のタイトルで「Magdalena」という曲がある。

この歌詞をよく聞いてみると、鳩が歌に登場してくる。
鳩は高いところを飛行せず、常に低い空しか飛行しない。
低い場所を移動しているだけの鳩、これを当時のマビーニ・ガールに例えて歌っている。
極めつけは「貴方は何時になったらそれを理解するの?」という歌詞まで飛び出してくる。

それを理解しない人達に向かって歌った曲なのか、それとも理解して欲しいという思いで歌ったのかそれは定かでは無いが、タガログ語を多少理解した時に、この歌の歌詞は深いなと関心したものである。

私がよく行く、その低い場所しか飛べない女性たちのいる飲み屋の一角にこれ見よがしでお金切るフィリピンの役人がしばし登場する。
一時のお金をばら撒きその場所での優位性を得る、これはある意味お金が目的の女性たちにとっては格好の稼ぎ場所である。

しかし今現在の金銭を目的とする女性たちも鼻から「花の命は短い」などということなど考えていなのであろう。
これは瞬間的に稼ぐことが明日に繋がるなど言う考えなどまるで無い生活様式がそうさせるのであろう。

何れにしても今も昔も変わらないフィリピンのライフスタイルであることには間違いない。
私の同棲中だった彼女はその役人の元に行ってしまったというのが現実の話である。













 
スポンサーサイト

ブログ名変更

長らく更新せぬまま現在に至りましたが、ブログ名を変更して再開致します。 

ミリエンダとデザート

最近食後のデザート言う注文が結構ある。
日本食というメニューを出している当店では、フィリピーノがどういうデザート好むのかという場面に遭遇するが
私が知っているでデザートやスイーツを上げてみた。
この他にも地方によって違う食べ物もまだ沢山あると思われる。

[広告] VPS


フィリピンではミリエンダと呼ばれるおやつタイムが必ずある。
その際に食べるものはこのようなスイーツや麺類やご飯類までもミリエンダになる。
要は小腹が空いた時に食べる物をミリエンダと呼ぶのだ。
その他に主食を摂るわけであるが、それにしても食事の回数の多いのには、驚かされる。

食べ物の記事に合うかどうかは判らないが、画像と一緒に流れる曲はAEGISがオリジナルの「Halik」Sarah Jeronimoが歌っているものである。 

次は蕎麦とうどんか

昨日定休日ということも有り某モールに行ってきた。
そこには新しく出来た蕎麦屋があった。
早速試食ということになったのだが、注文したのはかき揚げそばと稲荷寿司がセットになったもの。

IMG_20150311_173712.jpg

これは全く日本の立ち食いそばのそれである。
一口食べた瞬間に懐かしさが蘇ってきた。
オープンスペースで周りに壁はなくキャッシュレジで注文して、開いた席に座って待つ。
昨日は平日にも拘らず、席は満席状態で、レジですら行列ができていた。

IMG_20150311_172209.jpg
この小諸そばというネーミングだが、総店舗数が10店を越すほどの店であり、立ち食い専門店とのこと。
フィリピンではモールの中で立ち食いは無理だと判断したのか、席がきちっと設けられていた。

IMG_20150311_172541.jpg

それにしても驚いたのは値段の安さであるが、かき天蕎麦と稲荷が一個付いたセットで120ペソ、これで採算は取れるのであろうか・・・・
一緒に行ったカミさんたちはカツ丼を注文していたが、これも又安い、ひとくち食べてみたが、確かにかつ丼ではあるが、米の質の悪さに閉口した。

周りのフィリピン人客を見ていると殆どが天ぷら絡みのオーダーで、蕎麦ではなくうどんのオーダーが多かった気がする。
フィリピンにはロミーといううどんに似た麺があるが、そのせいもあるのだろう、食べなれない蕎麦より見たくれがロミーに似ているうどんということになるのだろう。

ラーメン屋は既にかなりの数の店舗が進出してきているが、この小諸そばは既にSMメガモールでは以前からあったということだ。 メトロマニラでも郊外になるラスピニャスでどれだけ集客できて根を張れるか今後が楽しみである。
 

奇妙な返答

一昨日からインターネット回線が突然途切れ、昨日は一日中ネット回線は使えず終いであった。
PLDTというフィリピンの通信事業会社であるが、お客様窓口の電話に6回に渡って電話かけた。

一度目は
「料金未払の回線と一緒にお宅の回線も切ってしまった、本日のアフターランチに復旧します」
という回答。

二度目はアフターランチになっても復旧しないので再度電話。
「すいません、ビリング・マシン(顧客別の料金管理)の故障で午後3時から5時までの間に復旧します」

三度目は
「すいません、ビリングマシンの交換パーツが有りませんので、今到着待ちです」
いつまでたっても繋がらない。

四度目は
アンサリングマシンのみの対応で繋がらず

五度目(翌朝)
先方からの問い合わせで
「インターネットは繋がりますか?」
早速PCを開いてみたが取りあえずは使える状態に復旧。
その直後5分もしないうちに再びプツリと途切れた。

六度目
「すいません、現在お宅の地区は全体でメンテナンスを行っているので、切れているのはお宅だけじゃ有りません、暫くメンテナンスが終わるまでお待ちください」
同じ市内に住む知人聞いてみたが、そんなことは無いそうである。
2時間後に復旧して現在に至る。

その後に再度先方から電話の問い合わせでネットの復旧の確認

このようなやりとりが2日間に渡って行われたが、国の最大手の通信会社がこのような対応が世の中で通用するのであろうか・・・・いやここでは通るのだ。
かれこれこの通信会社とは10年以上の付き合いとなるが、数限りなくこのような対応の繰り返しの連続であった。
日本のNTTも資本参加しているこの通信会社には技術の提携はあっても顧客サービスの提携は無いのであろうか・・・
PLDT株式比率

一言も案内もお詫びもないこの会社、何時か繋がればいいぐらいにしか考えていないのだろう。
中には数ヶ月も請求書が届かずに、いきなり契約解除されそのままペナルティーを請求されたユーザーの話も聞く。
これが日本であったらどうだろう、恐らく
「申し訳ございません、早急に対処いたしまして、ご連絡を差し上げます」
という対応で直ぐ様普及するだろう・・・・

しかしこのような状況下に置かれている当地のユーザーたちはそれで不満は出ないのだろうか・・
いやこの通信会社のフェイスブックなどの書き込みには不満の嵐のコメントが寄せられている。
そういうコメント見ないのであろうか・・・全くもって不思議な会社であると同時に日本のNTTまでもが資本参加しているとは到底信じがたい事実である。







 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。