スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

米飯食とフィリピン

p1000755 (640x480)
フィリピンの朝食の代表とも言えるパンデサール、此方では米食もメインになるが、実はパンも沢山食べられている。

コーヒーにパンを浸して食べる、確かに消化が良さそうだが、その分すぐ空腹になるだろうな。
パンは米食に比べたら消化も良く栄養価も高いとのことだが、
此方では朝食のパンデサール以外はミリエンダと呼ばれる間食に食べられることが多い。
great-food-from-the-philippines-13.jpg
フィリピンの食べ物の王者、やはり米飯食であるが、大概はここにスープが付く。
アジア全般に主食は米飯食だと思うが、日本でも、もちろん米飯食がメインの方も多いであろう。

米を炊いたらオカズが当然必要となるだろうが、此方フィリピンで見られる普通の食卓では、オカズ一品とご飯、そこにスープがあれば上等ということになるが、バランスを考えた野菜などを副食として摂る場面は余り見られない。

これも一つのフィリピンの食事の特徴であるが、パーティーなどで出される「レチョン」などの肉料理は、此方では最高のご馳走とされているが、この場合も食べるのは肉のみ、それをオカズで沢山の飯を食べるのが普通である。

此方ではビタミン剤のようなサプリメントを子供の頃から普通に飲用させるが、これは他国の場合は野菜から摂取する場合が多いのではなかろうか・・・。

子供の頃に学校給食で出された野菜の沢山入った料理を嫌いな野菜だけ残して食べたような記憶があるが、全部食べなければ居残りで食べさせられたことだけ妙に脳裏に残っている。

このようなことをここフィリピンで適用したら、子供の両親は激怒して学校に文句を言うだろうな・・・。


6832321-fork-and-spoon-on-black-background.jpg

フィリピンでは何故フォークとスプーンで食事をするのかという話題がしばしば出るが、一説にはスペイン統治下の頃に下働きの現地の人にナイフとフォークを与えたら武器にも成り得るのでフォークを使わないという説がある。
それともう一説には、粘り気のないインディカ米に対して汁気の有るオカズを掬いやすいようにスプーンを使うのだろうという説である。

私はフィリピン人と一緒に食事をする場合が多々あるが、そのどちらも頷けるが、自分なりの見解であるが、フィリピンの食事の形態がスプーンを使わなければ掬えない程の粘り気の無い米飯と、
そこに汁気の有るオカズをまぶして食べるのに、何処にナイフの存在など必要とするのだろうということである。

どの説が正しいのか間違っているのかなどという話は抜きにして、実用的な観点からすれば、スプーンとフォークが一番フィリピンの食事には合っている気がする。
2272467[1]

まあ食器を必要としない「カマヤン」という手で直接ご飯を食べる人も未だにいるが、これはこれで理にかなっているのだろう。




 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。