スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

複雑な言葉タガログ語

昔はスペインの統治下にあったせいもあるが、タガログ語の単語はスペイン語をそのまま流用されてものが多い。
そこに英語が混じり尚一層複雑になっている気がする。

いつも思うのであるが、金物屋に材料を買いに行く際に、買う物に依って長さや量の単位が違う。
材木は大概インチ単位が使われているが、中にはスペイン語でいう場合も有る。

例えば2✕2は通常2インチ角の角材であるが、そこに長さが加わると2✕2✕8という言い方になる。
最後の8はフィートでの長さを示す。

これが時にビサヤ地方の言い方になるとドス・フォー・ドスと言い方をする場合もある。
釘などは完全にスペイン語で、ウノは1インチ、1インチ半は、ウノ・イメージャとなる。
特別にスペイン語を勉強したわけではないが、金物に品物を度々買いに行く際に自然とそういう単位を使うようになった。

此方ではコミュートという言葉を使うが、ジプニーやトライシクルなどの乗り物を利用して移動すること言うのだが、このコミュートは完全に英語(Commute)、しかし本来の意味は通勤という使い方になるのかな。

その料金を支払う際の単位、英語で言えば大概片が付くが、タガログ語で幾ら(マグカノン)と聞くと
時にスペイン語の単位でドライバーが答えてくる場合がある。
バインテ(20)、トレンタ(30)、ジプニーだと初乗りが8ペソだからオチョ、昔「オチョ・オチョ」という唄が流行ったが、オチョオチョはハチ・ハチという意味なのだろう。
これらは全てスペイン語であり、生活に密着してきた言葉なのであろう。


それでは100単位は何と言うのだろうと、此方の人に尋ねてみたが、若年層は知らない人も多く、今はそれだけ使わなくなり。逆に英語が当たり前になっているそうである。
因みに100はCien(シエン)、150になるとCiento cincuenta(シエン・ト・シンクウエンタ)と言うそうである。

英語を流暢に話せる場合は、英語は日本語の言葉の殆どをカバーしていると思うが、私の場合英語は多少は話せるが、やはりタガログ語がメインとなっているので、どうしてもタガログを覚えようとするのが現実である。








 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。