スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ふと感じた疑問

タガログ語でPuntaという言葉がある。
これは一般的には行くという言葉になるが、時に日本語の少し話せるフィリピン人と会話していると、「Pumunta ka sa Pilipinas?」あなたはフィリピンに行くの?となる。

直訳だとあなたはフィリピンに行くの?という解釈になるが、タガログ語では来るという言葉は「dumating」という言葉になるが、これは到着という意味で使う。

したがって来るとか来なさいとかという言葉は全てが我々が解釈する、行く(punta)という言葉が基本となる。
このPuntaという言葉の後に来る主語の違いで行くと来るの違いを分ける。
例えばpupunta ka ditoという言い回しだと、此方に来なさいとなる。
逆にpumnta ako dianという言い回しだとそちらに行きますとなるようである。

今更になってやっと理解したのだが、日本人が普通に使っている、来るという言葉はタガログ語では色分けされていないことになる。
良く耳にする片言の日本語で「あなた行くするの?」などという言葉を使うフィリピン人が多いが、タガログ語の語彙の少なさからすると、それも日本語を使うという意味じゃ満更間違っていない使い方なのである。

別にタガログ語講座をやっている訳ではないが、たった今TVで放送していた内容が、現在の報道で使う言語をタガログ語を使うというのが現政権の方針らしいが、ニュースキャスターなどがタガログ語表現しようとすると、足りない言葉が有り過ぎて、100%の表現が出来ないとのことである。

以前の政権ではTVの報道は英語でしていた時期もあったが、それだと英語を習っていない庶民も沢山おり、理解できない人も多いそうである。それでタガログ語の表現に替えたとのことであるが、今度はその語彙の少なさで英語を混じえざるを得ないそうである。
















 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。