スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

私の新年

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

フィリピンの新年は丸い果物を飾る。
これはフィリピンだけではなく日本の正月でも丸いお供え餅なども同じことで、丸い形の食べ物は円満に年を迎えるという意味だそうであるが、フィリピンでも同じ意味なのだろう。
それと併用してスパゲティやパンシット・カントンと呼ばれる長寿を願った長い麺を食べる家庭が多い。
日本でも年越し蕎麦というように、長い麺を食べて長寿を願うということなのだろう。


12056199-standard.jpg

八百屋では丸い果物一色、我が家でも何がしかの丸い果物を飾ったが、毎年のことであるが飲食店と言うのはお客様優先、まず店で売る料理が終わってこそ自分の正月の準備に入る。
本日は外に出かける人も少なく、そもそもモールそのものが休みの所が殆どで、庶民が行くところと言ったら他に無いので家にいる人も多いのではなかろうか。

極少数の金持ち達は海外へ出かけたり、ホテルに部屋取りそこで新年を迎える人達もいるが、長年そんな正月など縁がない我が家では忙しさの延長線上で正月を迎えることが多かった。
本年もまた同じであるが、フィリピンでのニューイヤーは本日一日だけ、しかし私の店では本日の夕方からオープンすることになっている。

philippines-new-year-preparation-2009-12-30-13-12-0.jpg

花火や爆竹が未だに健在で販売されているが、自粛とは名ばかりでこの手の花火の製造元に規制をかけない以上同じことだろうと思うが・・・・。
まあそれもフィリピンの経済界は華僑が握っているせいもあるのだろうが、それに乗せられて花火を買いまくる人達の中には大怪我をする人達もいる。

花火のアクシデント



001 (640x480)

日本風のお節料理であるが、日本にいる時でさえ余りこの手の食べ物を正月には食べなかったが、フィリピン在住の人達は何故か日本を思い出すのにかなりの注文がある。
本日は長寿を願ってのお雑煮やお汁粉を店で出すつもりであるが、味もさることながらやはり日本人は新年の雰囲気を楽しむというところなのだろう。

そういう私も新年は餅を食べるのが楽しみの一つであるが、これも合間を縫って食べるしか無いだろうな・・・
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。