スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピン・インターネット事情

居酒屋とは余り縁のない話であるが、当店ではインターネット回線を利用しyたIPTVというものを導入している。
これはインターネットの回線速度により大きく映るか映らないかが左右される。
ここのところOLDTの光ファイバーケーブルの埋設工事とかで回線が途切れ気味である。

それにしてもこの光ファイバー回線契約するにしても日本と比較すると料金がまだバカ高い。

これは日本のNTTの戸建て用の契約内容であるが・・・・
思いっきり割(戸建て向け・フレッツ 光ライト)

一方フィリピンのPLDTの契約内容は
CHOOSE THE RIGHT PLAN FOR YOU

現在私はDSL回線を利用しているが、月額で2800ペソ、一般家庭でこの料金は庶民にとってはかなりの負担なのではなかろうか・・・・・・・。
決して金持ちではない私にとっては、店のお客さん用にとIPTVとWiFi環境を提供するためのみである。

しかし光契約となると100Mbpsの回線速度で20,000ペソ、とてもインターネット回線のみでこの金額は払えるものではない。
と言ってもフィリピンの極小数の金持ちたちにとってはこの契約も吝かではないであろう・・・
この辺りでも庶民の暮らしと金持ちの暮らしの格差が歴然と出ているが、この料金体海外で暮らす外国人にとっても負担が大きいのには変わりがないであろう。




正直いつの日か光回線の契約をする日が来るかもしれないが、それより何より現在の回線が途切れ途切れにならないようにして欲しいというのが現在もっとも望んでいることである。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。