スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ワールドカップサッカーで考える・・・

フィリピンに在住の方で日本のテレビ番組を受信している方が増えている。
放送を視聴する方法はいくつか有るようである。

最も簡単に視聴する方法はインターネット回線を利用した、IPTVという物がある。
これはインターネット速度に依存するのであるが、最近のフィリピンのインターネットの環境は日本にはまだ及びも付かないが、かなり環境は改善されてきている気がする。

そういう当店でもお客様の為にこのIPTVを導入しており、接続はDSLモデムからIPTVチューナーにLANケーブルで接続、IPTVチューナーからTVへは、RCAという規格の赤白黄のケーブル、若しくはHDMIケーブルで接続する。
接続した瞬間から日本の放送がそのまま画面に現れることになる。
IPTV.jpg

次に邦人の方が良く利用されているのは、直径8フィートの大型のパラボラアンテナを設置して、日本の衛星放送をそのまま受信してしまおうというものが有る。
これはアンテナ設置工事を要するが、工事が終わって接続すれば、かなりのチャンネル数が確保できる。
ただこの場合は日本製のチューナーが必要であり、工事も専門の業業者でないと一般家庭では設置するには難しいところである。
ただ一度設置してしまえばその後に料金のかかることは無く、日本で契約している番組をそのまま視聴することが出来る。
フィリピンではルソン島を除く南部の地方ではこのアンテナでの受信は無理なようであるが、日本の放送衛星の電波が届く地域であれば雨天や雲の厚い日を除けば日本と同じ放送をそのまま受信が可能である。
IMG_20140220_114732 (640x480)


もう一つの方法だが、日本に家族や知人のいる方は日本側にストリーミングTVアダプターと言う機器を設置して、インターネット回線を利用してスマートフォンやタブレット、PCで日本の放送をそのまま受信する。
この場合はTVに直接繋ぐことは出来ないが、PC経由で繋いで視聴可能である。

ここのところワールドカップサッカーがブラジルで開催されているが、全日本チームの試合の様子をいずれかの方法でフィリピン在住の方達は視聴されている人も多い。オリンピックの時もそうであるが、それを日本語の放送で見るために皆何とかしようとする。フィリピンだけとは限らず他の国に仕事で赴任される方もそれは同じことで、どこの国に行っても母国のTV放送を見たいという気持ちは同じなのであろう。

先出のIPTVであるがこれは赴任先の国に契約済みのチューナーを持って行き、ネット回線の速度が取れる場所でTVがあれば、どこの国でも使用は可能なようである。衛星放送を受信する場合は日本の放送衛星の受信エリア内に入っていなければ当然受信は無理ということになる。

そう言えば日本にいるときにカミさんがフィリピン人の私はホームシックにならないようにとスカイパーフェクトTVでフィリピンのABS/CBNチャンネルを契約して見せていたような気がする。環境も言語も全く違う外国での暮らしであるが、せめてTV放送ぐらいは母国のものを見せてあげたいという気持ちからであった。

今はそれと全く逆の立場であるが、この国フィリピンで日本のTV放送がそのまま視聴出来るなどとは最初に来た頃は考えもしなかったが、当時は地元のケーブルTVでも日本のWoWoW始めNHK放送も流れていた気がするが、放送規約の問題なのか、今ではケーブルTVではNHKワールド若しくはNHKプレミアム放送のどちらかが一つ組み込まれているだけである。

こうして見るとTVの放送だけで毎月の料金を支払ったり、アンテナ設置のために費用をかける日本人という国民はある意味特殊なような気がする。ここフィリピンの人達は海外にOFWで働きに行く人達も多いが、赴任先の国で母国のTV放送を見るなどということを考えるであろうか・・・・。
そういう意味では日本人より遥かに多い他のアジアの国の人達は、ある意味その国の環境に同化してしまっている場合が多いのではなかろうか。

もっとも私自身は今までにどうしても日本の環境に近づけて暮らそうと思ったことは一度も無かった気がするが、現地の人達とのコミュニケーションが苦手だという人達はどうしてもそうなってしまうのも判る気がする。
ある程度年配になってから此方に移住される方の割合が高いせいもあろうが、日本の生活環境から抜け出せない年齢に達してしまっているせいもあり、その気持は解らないでもないが・・・・・。





 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。