スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

比較しても仕方ないが・・・

知人からEメールを貰いふと感じたことであるが、フィリピンで暮らしている私にとっては
普通に使えればいいというインターネット速度の話である。

よくよく考えてみると、フィリピンってインターネットの環境がアジアでも最下位だったのである。
日本や香港などと比較するのは無理があるというものだが、それにしても遅すぎる。

フィリピンの放送局でも主要になるGMAでさえ認めるインターネット環境の悪さ・・・・
ここにそのニュースがあるが、こんなに違うのかと愕然とする。

 ↓  ↓   ↓
GMA NEWS

ここフィリピンに住んでいると、これが普通に思えてくところが不思議であるが、
日本の環境をよく語る人達がいるが、どれだけの違いがあるのかはちょっと想像がつかない私ではあるが・・・・・


端末の乱発と契約回線の増加でSNS中毒に半ばかかっているフィリピンでも、近年動画などをダウンロードするケースが多いが、それだけではなく、その内容と比較した料金の高さにも目が眼が行ってしまう。

この劣悪な環境だと言われるフィリピンのネット環境ではあるが、そんな中で毎日のようにブログやSNS等に投稿される方たちには、感心すると共に尊敬の念さえ起こってくる。

ブログにしてもHPにしても画像がないよりあったほうが見やすいし、書きたい内容がよく伝わってくる。

おそらく文章だけのブログであれば、さほどストレスは無いのであろうが、時に自分もFacebookなどに動画をアップロードする時がある。

その際に要する時間がこれがまた恐ろしくかかる。 画像や動画付きのブログなどでもそうであるが、ダウンロードスピードの遅さによって中々開いてくれない。

スピードの早い環境であればこれが時間がかからずにサクサク行くのであろうが、これがインターネットの速度の違いというものなのであろう・・・・・・


まあそんな環境の中で国で暮らしている自分自身だが、ネット環境の早さがあったところで、何をするわけでも無いという現実と、必要な情報だけ得られればそれで良い自分などとは違った意味で、FXなどをやっている方たちは時間との勝負でもあるし、リアルタイムで情報を得ないと、仕事にならないのだと察する。

何時になったらこの国も改善されるのか、今までの経緯からすれば、期待はしても無駄な気がするが、アジアの中でも一番の鈍足インターネットと称されるフィリピンであるが、ラオスよりも遅いインターネット環境、何とか国内でも発奮して、進歩すること望むばかりである。






 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。