スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

名前で分かるフィリピーノ

面白い記録を見た。
フィリピン人の全てはアピリードというファミリーネームを持っている。
フルネームになると必ず母方の姓を名乗るミドルネームがつくことになる。

確か以前に何かの申請の時にミドルネームのない我々日本人であるが、そんなことはお構いなしにミドルネーム記入の義務があると言われたことがある。
仕方なしに母方の姓の頭文字を無理やり書きこんだ覚えがある。

以前に知り合いの方のブログでこのファミリーネームについて記事が投稿されているのを読んだことがある。
タガログを多少理解できる方ならこの苗字何か面白いと気づくはずであるが、本当に興味深い。
Barrometro(バロメーター)、Biglang-Awa (急に可愛そう)、Caldero (鍋)、Catacutan(怖い出来事)、Cawayan(竹)、Dahil-Dahil(だから、だから)、Dahilan(~のせいで)、Galit (怒る)、Guinto(金)、Loshang (老けた)・・・・・・・・・等々こんな意味の苗字を普通付けるであろうか・・・・・ 明らかに後から付けて苗字だと言うのがよく判る※Wikipedeia引用
Filippino Name このWikipediaには非常に細かく解説されている。

その他に古くから居る華僑の名前があるようだが、そもそも名前の由来などは考えたこともなかったが、若しかしてフィリピーナ達が本名を使わずにニックネームを人に教えたがるのはそのせいか・・・・などと考えたりしている。
確かにファーストネームも聞きなれない名前の人が多いわ・・・・・・・。

日本の苗字の人もいるのね・・・・・・初めて分かった事実である。








 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。