スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

英雄色を好む

大家族と言っても私の場合ではないが、フィリピンでは一族ごとに分類すると本当に大家族の家系が多い。
先だっての記事で従兄弟や又従姉妹の果てまで家族という言い方をするという内容だったが、これは先ほど聞いた話である。

例えば家族の中で政府の関係で選挙に出る場合がある。
フィリピンの場合同じ名字を名乗っている場合、何がしかの関連が有り、その一族を纏めたら相当な人数になる筈である。

その場合票集めのための大家族、即ちわざと子沢山にし、一族からの票を集めやすいというのである。
ただ単に子沢山のファミリーもいるであろうが、そこのファミリーの家長が票をここに入れろと言うと、かなりの確率で票を集められるということである。

カミさんに聞いて見たが、彼女の田舎レイテ島のとある街では、そこの住人の大半が同じ姓を名乗っている地区もあるそうである。 確かにピラミッドの頂点にあるその苗字がピラミッドの底辺になると相当の人数に膨れ上がっている。
そういう風に考えると、そのファミリーが大きければ大きいほど、勢力が強いということに繋がる。

「英雄色を好む」という言葉があるが、これは満更一理あるのではないのか・・・・・・・・
色を好むのその裏側には、自分の勢力を拡大、即ち愛人を沢山作り子供を産ませる。
考えてみればこれは何処の国でも同じことであり、中近東のハーレム、日本の大奥などもそうであるが、女性を沢山確保し、そこに自分の子孫を残していく。
それが本流であろうが、支流であろうが、それは自分の子孫には違いないわけで、飽くまでも自分の分身なのである。

現在のフィリピンの政治家たちはスペイン系の家系、中国系の家系がもいるが、スペイン統治下に置いては、自分の勢力を誇示するには確かに領地の広さもあったであろうが、何よりもファミリーの大きさが物を言ったのではないのか、想像の域を出ないが、若しかしてそういう先祖からの教えは今でも脈々と続いているのでは無かろうか・・・・・

今の日本では核家族化に伴い、少子化現象が進んでいるが、権力争いが激しい国程そうした自分の血筋を増やそうとする傾向があるような気がする。
まあこれは野生動物の世界でも同じことで、雄はいかに自分の子孫を増やそうとしているかのごとく、励んでいるようにみえる。

決してフィリピンが野生に近いと言っているわけではないが、そうした子沢山はやはり元来動物の持つ本能がそうさせるのではなかろうかなどとも想像している。

因みに先ほど話題に出ていた某フィリピンの政治家には、愛人が8人その愛人との間に更に7~8人の子供がおり、これが又子供を増やしていく、鼠算ではないが、最後にその一族はどれだけ大ファミリーになっていくのか、相当の人数になる筈である。
その政治家か他界した際には体育館一つでも入りきれないほどの、所謂ファミリーの人間で埋まり尽くしたそうである。





 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。