スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピンで日本の環境

日頃此方に在住の日本人の方と接する機会が多いので、日本語で話すことにはストレスが無いのであるが、ここのところフィリピンの地元のお客様が増え始めている。
店の作りがカウンター中心で初めは戸惑うようであるが、最近はカウンターに好んで座るお客さんもいる。

カウンターに座ると嫌でも目に入る日本のTV放送、日本の番組をジーっと見入るように視ているフィリピンの方たちはどう思っているのであろう・・・・
そもそもカウンターに座って食事兼飲酒という風習には、慣れていないフィリピンの人達であるが、その雰囲気は伝わるであろうと思われる。

そういう意味ではテーブル席でもカップルだと隣り合わせで座ることが普通のフィリピンの人達に取ってはカウンター席は格好の場所であると勝手にに思う私ではあるが、フィリピンのお店でカウンターに陣取って飲み食いするような店を見たことがない、バーカウンター的なイメージがあるのだろうな・・・・

最近ドラマで放送していた「深夜食堂」という番組をよく思い出すが、カウンター中心で思い出の食べ物と共に人間模様が繰り広げられるドラマである。
あのような雰囲気に持っていければ良いと思うのだが、ここは外国、しかもアジアでも英語を話す国民であるため、このカウンター席をどう受け止めているかはご本人でなければ判らない。



ニラレバ炒めとレバニラ炒め、何処が違うのかということだが、このような会話が毎日カウンターで繰り広げられている。
そういう意味では個人の私生活などを話しながら、周りの人達はその話題で盛り上がる、これが日本の居酒屋のスタイルなのか、要は我々はそういう場所を提供するという役割なのかという気もする。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。