スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

根本的な部分で違いがある

ここのところ従業員が無断欠勤をする場合が増えた。
彼女たちには休みの前日に欠勤するのと、給料日後に欠勤するのと二パターンがある。
正直自分がいなければ他人に負担がかかるなどという気持ちは毛頭持っていないのではなかろうか・・・
そうした話を現地で工場を持ち数千人規模で雇用している経営者の方に聞いてみても、全く同じだという返事が帰ってくる。

当店のような日給週給の店だと当然勤務した日数分の給料しか貰えないわけだが、受け取る給料が減ることよりも休みが優先するということなのだろう。 ただその欠勤理由は子供が熱を出したとか兄弟が具合が悪いとか、そういう理由が多いのだが、偶然に休みの前日や給料日の翌日に具合が悪くなるであろうか・・・・・・・・
取ってつけたような理由だとは分かるが、子供の病気ならいざしらず、兄弟が病気だという理由は納得がいかない気がするが、大概は共働きではなく妻が仕事していれば夫が無職という家庭も多い。

ということは子供が熱を出しても亭主は何もしないということなのだろうか・・・・・・
いや察するに仕事を持たない亭主は恐らく妻の働いた給料を当てにしており、給料を渡してしまうと、他で金を使ってしまうから、妻も信用してお金を渡さない、結果自分が休む以外に方法は無いということが想像できる。

家庭内の問題には毛頭口を出すつもりはないが、そんな綱渡りのような生活を日々行っているのが現状のような気がする。それにしても職場で迷惑がかかることによって解雇され、収入が途絶えてしまうことを心配しないことが不思議で仕方がない。 中には一日何かの理由で休みをくれと言って休んだはいいが、そのまま一ヶ月も連続で出勤せず、亭主がお使いで様子を見に来て、「明日から務めるそうです」 と伝言しに来るといった馬鹿げたケースも有る。

一月も無断で来ずに自分で「明日から出勤します」と言う神経がまず信じられないが、当然此方では補充要員を雇っているので、来なくていいからずっと休んでいろという対応になる。 そのうちに収入がないと困るということで再度雇ってくれと来るが、そんな人間を二度と雇う職場はある筈がない。

しかしフィリピンの雇用というのはそんなレベルの人間を雇うことも必要に迫られる場合がある。 補充要員で雇った人間が更に酷かったりする場合もあるからである。 先日雇ったウェイトレスであるが、当店のような職場は賄いの時間が一定していない。 お客さんの切れ間を縫って食事をするわけだが、その雇ったばかりのウェイトレスはお腹が空いてとても我慢が出来ないので、辞めさせてくれと2日で音を上げた。

その空いたお腹を満たすのは自分の働いた給料で買う食料ではないのか・・・・・・今お腹が空いたと言っても30分やそこらは我慢するというのが我々の発想であるし、あまり時間が無いようなら、交代で食事することも可能である。 それを我慢できないなら時間のキッチリした縫製工場などなどに務めるべきであると、思った次第である。 

長年同じ商売をやっているが、従業員のこの問題について未だに解決策が見つからない、そこでいちいち気にしていたらストレスが溜まり過ぎるので、又かと受け流す日々が続くが、決して日本人的発想に拘る訳ではないが、余りにも節操のない雇用人達の行動にボヤいて見ただけの記事の投稿である。

因みに同業のフィリピン人経営者と話をしたことがあるが、同じ悩みを抱えているそうである。


 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。