スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピン家庭料理


最初フィリピンに来た頃に、マニラ郊外であるカビテ州ダスマリニャスという地域にステイしていた。
来たばかりで何もわからない私は此方の食事に随分と戸惑ったものである。
基本的に米飯食であるフィリピンもおかずと飯という形の食事になるが、そのおかずを食べてみて随分と日本とは違うと思ったものである。

料理の名前など解る由もなく、黙って出されたものを食べ続けた思い出がある。
確かに現在に至っても出された料理名や味が全て判る訳ではないが、ある程度の味や名前が判るようになった。
写真で紹介している料理は一般的に家庭で出されている物もあれば、特別な時の料理、トロトロと呼ばれる食堂に鍋が並び、そこでこれと言って指を指し注文する料理などである。

[広告] VPS

「Tulo tulo」と言うのは指差すという意味があり、鍋の蓋を空けておかずを指差して注文するから、そう呼ばれるようになったとのことである。
実は私は以前にこの「Tulo tulo」の店をやったことが有り、いくつか鍋を並べて食堂をやっていたが、この商売の欠点はその日に売り切らないと翌日まで持たせることが難しく、一般的には翌日火を通し直して又並べなければならないというリスクが有る。

そうしたリスクを回避するために、「Tapsilog」というおかず一品と目玉焼き、ガーリックライスのセットになった定食屋に変化していったという経緯があった。
何故なら「Tapsilog」はおかずを冷凍保存出来るし、目玉焼きは注文がある度に焼けばいいのである。

そもそもこの手のフィリピン料理中心の食堂はフィリピンでは何処でも有り、アジアの何処の国でもある、屋台風の店がフィリピンの庶民の間では主流になっているようである。

スクァッターと呼ばれる地区に住む住民たちは家にガス設備や冷蔵庫などが無い場合が多く、こうした食堂などからおかずと飯をテイクアウトして家で食べるというパターンが多いようである。


 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。