スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピンに住んでいる私であるが、最近思うことである。
生活を3ヶ月共にした女性が私の元を去っていった

正確に言えば「貴方とは一緒にいられないから出て行ってくれと」
追い出した形になるのであるが、一連の女性たち、即ち我々庶民が係る女性たちは往々にして今の生活だけを考えて生きている人が多い。

彼女たちに「肝心なのは今のお金ではなく、お金を生み出す人間の努力」だということが私の持論であり飲みに行ってもそんな話をいつもしている気がする。
それも飲酒の摘みとしてはいいのかも知れないが、彼女らがどこまで理解しているかが疑問でもある。

彼女たちは「面倒な話より私にドリンクをちょうだい」と思うのが普通であろう。
しかし常々思っているいることが口に出てしまうのは人間の習性であり、アルコールを飲めば尚の事である。

私のことはさておき本題であるが、フィリピンという国で25年以上暮らしているのだが、このフィリピンの一般常識、と言うより庶民の暮らしぶりとでも言うのであろうか・・・・

フィリピンでは有名な歌手であり、ヒット曲も数多く出しているフレディー・アギラという歌手がこの生活ぶりを皮肉っているのか解って欲しいという思いで歌ったのか、
彼の歌のタイトルで「Magdalena」という曲がある。

この歌詞をよく聞いてみると、鳩が歌に登場してくる。
鳩は高いところを飛行せず、常に低い空しか飛行しない。
低い場所を移動しているだけの鳩、これを当時のマビーニ・ガールに例えて歌っている。
極めつけは「貴方は何時になったらそれを理解するの?」という歌詞まで飛び出してくる。

それを理解しない人達に向かって歌った曲なのか、それとも理解して欲しいという思いで歌ったのかそれは定かでは無いが、タガログ語を多少理解した時に、この歌の歌詞は深いなと関心したものである。

私がよく行く、その低い場所しか飛べない女性たちのいる飲み屋の一角にこれ見よがしでお金切るフィリピンの役人がしばし登場する。
一時のお金をばら撒きその場所での優位性を得る、これはある意味お金が目的の女性たちにとっては格好の稼ぎ場所である。

しかし今現在の金銭を目的とする女性たちも鼻から「花の命は短い」などということなど考えていなのであろう。
これは瞬間的に稼ぐことが明日に繋がるなど言う考えなどまるで無い生活様式がそうさせるのであろう。

何れにしても今も昔も変わらないフィリピンのライフスタイルであることには間違いない。
私の同棲中だった彼女はその役人の元に行ってしまったというのが現実の話である。













 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。