スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

誘われて・・・・

The Slum



先日お客さんに誘われて、所謂ローカルのKTVと呼ばれる場所に飲みに行ってきた。
ここに住みだして忘れるほど時間が経つが、その間何度その手の店に行ったかは数えきれない。
しかし感じたことは、今も昔も変わりないというのは、そこで働く女性たちの生活感である。

若い女性がお客さんの接待役として同席する訳だが、彼女らのお決まり文句は、
「一杯頂いてもいいですか?」
ということからスタートする。

その後は店によっては彼女らの飲み物が無くなると自動的にボーイが追加で持ってくる店もあるし、
もう一本ずついいですかと聞いてく店もある。

よくよく聞いてみると彼女たちのその日の稼ぎはお客さんから自分に提供される飲み物のコミッションだけなのである。
それでは必死で飲み物を飲み干す訳である。
若い女性がそれほど必死で店に出てきて稼ごうとする理由は、大概が子持ちのシングルマザーが多いからである。

話の中で子供のミルク代がないからとか、住まいの家賃が払えないとか、電気代が払えないとか、様々な世間話をしながら酒を飲むわけであるが、フィリピンという国にいない頃、日本にいるころの話であるが、今考えると同じような内容の話をしながらフィリピーナと飲んでいたような気がする。

他に選択肢がない場合、私は思うに皆目先のお金欲しさに、というより必要に迫られて稼ぎに出る、これは普通の人間であれば当たり前のことであろう。
ただ、今ここで国政の話をしても仕方ない、つまりは話題にも上らないほどの諦めと、今の暮らしが切羽詰っている状態ということなのだろう。

楽しみで行っているKTVでまさか、電気代や彼女たちの子供のミルク代の話を聞きながら酒を飲もうとは思わないが、現地の言葉タガログ語を理解できるということは、そういうことなのだと改めて実感した次第である。
兎に角想像を絶した貧しさとの隣り合わせの人生、正にそこにこそフィリピンの貧困層の実態がある気がしてならない。

我々外国人がその深い悪循環の渦に踏み込んだとしても、どうしてみようもないのも現実であるし、その席だけの繕った楽しさを満喫する方が無難なのだと改めて感じた日でもあった。
今から25年前に初めてフィリピンに来た時と今の状況は何ら変わりないのではなかろうか・・・・

考えてみればここ10年以上そうした店に好んで行かなくなったのは、そういう現状を目の当たりにしながら飲むのが嫌になったという潜在意識が働いたせいなのかもしれない。
又暫くそうした店には足を運ぶことが無くなりそうである、というのはフィリピンの庶民を決して見下す訳ではないが、そこに拘わったら自分の器量ではどうしようもない世界がそこにあるからなのかもしれない。






 

コメント

私もフィリピンと関わりを持ったのは恥ずかしながら日本のPPでした。その延長線上で1987年の初渡比に向かいました。
その3年後転職でPPを開業しました。勿論ニュースなどで比国の貧困層の実態は知ってはいましたがその場所には訪れませんでした。
オーデションで渡比を繰り返し大勢の貧困層のタレントを通して貧困層の暮らし向きを目にしたり、それ以前の初渡比に物貰いの子供の多さに驚いていました。

タレント入国制限によって15年前にPPの世界からは足を洗い昔の精密製造業に戻りましたが日本とは対比的な南国のフィリピンに癒され続けてます。
勿論フィリピーナの魅力も大切ですが、神経質過ぎるほどの日本の生活に比べ人々との繋がりに興味が失せません。

一定の収入のある日本人の感性のみでは貧困層の暮らし向きを安易に同情も出来ませんし支援も出来ません。
根本は国の政治のシステムに大きく起因してるのでしょうが、日本の戦後復興のような経済発展は難しいと思われます。
悲しいかな自由競争の資本主義の中では格差の拡大は防げない気がします。

『貧乏の子沢山』、昔から言い古された諺ですが比国の貧困層はその典型です。

生憎富裕層の知人は殆どいませんから比国の事を安易に批判は出来ませんが、今日の生活を精一杯生きてる人々に何となく癒しを覚えます。それは私が困窮生活者でないから言えるかも知れません。
ちなみに比国のKTVの遊びも嫌いではありませんが年と共に似非恋愛にも飽きてきました…(苦笑
2015/ 02/ 20( 金) 09: 12: 42| URL| Yamachang# V/z9pnJc[ 編集 ]
 
おはようございます、ショウタさん、皆さん。

youtubeの映像は、心が痛みますね。こうした映像は、フィリピンの貧困層を対象とした記録映像に多く見られますが、フィリピンに長く続いている病巣だと思っています。

「KTV」が何だか知らず、行った事もありませんが、ショウタさんの様に言葉が解かり、裏事情を知ってしまうと、面白さも減少しちゃうんですかね。
とはいえ、行って楽しさを満喫する人も居る訳で、飲んで唄えば楽しいでしょうね。
それには、JPMの一曲位唄えないとなぁ~!
2015/ 02/ 20( 金) 10: 11: 34| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
Yamachangさん、おはようございます。

我々比国と拘わりを持つ日本人にとっては、そこがいつも話の論点になりますね。
人それぞれに拘わり方が違うでしょうが、現在の私の状況はお客さんをいつも受け身の状態で接しております。

youtube動画のような人達とは正直接点がないのが現実ですが、そうは言えお客さんは家族達を伴って訪れて下さる方もいます。
自分たちで決して訪れることがない日本食レストラン、初めて食べる日本食、メニューを出されてもどれが何料理かなど分かる術もありませんが、彼らにとっての食糧とは腹を満たすだけの物という感は否めません。

味が云々、見たくれが云々ということはさておき、月に何度も訪れることがないJollibeeや今流行りのご飯食べ放題のレストラン、それは味や見たくれとは程遠い世界がそこにあるような気がします。

私は外に出かける際には良くフィリピンのカンティーンに行くことが有りますが、値段はほぼ決まっており50ペソ前後でおかずとご飯がついているものが多いですね。
ただ中にはその50ペソの食事すら出来ない人たちも沢山おり、家では何を食べているのかすら疑問に感じることが有ります。

決して彼らの暮らしぶりを上から目線で見るつもりは有りませんが、まだ違う方法があるのではないかと思うことがしばしばありますが、それは余計なお世話であり、彼らは彼らなりの許容範囲内で暮らしているのですね。


>一定の収入のある日本人の感性のみでは貧困層の暮らし向きを安易に同情も出来ませんし支援も出来ません。

私自身感じることは一時の同情で支援したとしても、その場だけの物でありこの国の根底にある貧困層の根の深さに拘わることは、とても自分などおこがましくて出来るものではありません。


>『貧乏の子沢山』、昔から言い古された諺ですが比国の貧困層はその典型です。

現在のフィリピンの事情はその貧困層が大半を占めているのが現状ではないのでしょうか・・・現在店のある場所はビレッジ内部ですがその中ですら同じ状況の貧困層の人達が形成するスクアッターがあります。

むしろ内部で営業する飲食店や商店は彼らの職場になっており、彼らによって成り立っていると言っても過言ではない気がします。

店を警護するセキュリティーガード、車を運転するドライバー、職にありつけない人達は自転車にサイドカーを付けた乗り物で段ボールや金属類、空き瓶などを回収して回っている姿をよく目にします。


>ちなみに比国のKTVの遊びも嫌いではありませんが年と共に似非恋愛にも飽きてきました…(苦笑

フィリピンに住むということはそうした場面が多くあり、又それが一つの楽しみという方もいらっしゃいますが、人間はそうした触れ合いをいつも求めているからこそかも知れません。

確かに仰るように今の日本のようにギスギスした管理社会では味わえない触れ合いが、ここの国には残っている気がします。
















2015/ 02/ 20( 金) 10: 27: 30| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
yuさんおはようございます。

先日KTVに行った際に生バンドが入っておりまして、JPMも唄われておりました。
「ナイス・コ」や「イカウ・パ・レン」などが唄われておりましたが、思わず一緒に歌いたい衝動に駆られましたが、自分の歌唱力を思い起こし踏みとどまった次第です(笑)

>youtubeの映像は、心が痛みますね。こうした映像は、フィリピンの貧困層を対象とした記録映像に多く見られますが、フィリピンに長く続いている病巣だと思っています。

何処へ出かけてもこのような現実があり、この動画はアメリカ人が編集した物らしいですが、私はライブでこのような現実を目にしております。
しかしそこに暮らす人々は本当に這い上がりたいという気持ちはあるのかとさえ思う程違う意味で暮らしを営んでいる気がします。

先日カミさんの家族が住むケソンシティーでスクアッターエリアでの大火災が有りました。 そこに住む人たちは大勢焼け出された訳ですが、彼らはそこのエリアにまた戻りたいという願望があるようです。

そこには富裕層にはない何かがあるのですね。 電気は盗電、小博打、売春、薬物、何でもありですが、住めば都とは良く言ったもので、スクアッター内の人間の繋がりのような物が存在しますね、確かに・・・・・

>「KTV」が何だか知らず、行った事もありませんが、ショウタさんの様に言葉が解かり、裏事情を知ってしまうと、面白さも減少しちゃうんですかね。

何せ飲んでいる中での話題が生活の話ですから、自分でも何故?と思ってしまいますが、相手もそれなりの身の上話になってしまうのでしょうね(笑)


2015/ 02/ 20( 金) 10: 49: 29| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
 ショウタさん・今日は、皆さん今日は、
 此の日記を、拝見したなは、投稿直後でしたが、
youtube動画が、胸につまされて、哀しくて、哀れで、どうコメントしようか、考えて出遅れました。
フィリピンの現実を、突きつけられたようで、何も出来ない自分が、衝撃的でした、自分がこの環境に、追いやられたら、生きて行けないでしょうね、直ぐに足元から、腫れ上がり、身体には病巣が蔓延り、(涙)
此れが現実何でしょうね、m(__)m
2015/ 02/ 21( 土) 11: 40: 56| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 
今日は、ダニエルさん。

>youtube動画が、胸につまされて、哀しくて、哀れで、どうコメントしようか、考えて出遅れました。

この動画はエピソード1から6まであるようです。
全部見ましたが、現実がよくわかりますね。

>この環境に、追いやられたら、生きて行けないでしょうね、直ぐに足元から、腫れ上がり、身体には病巣が蔓延り、(涙)

実際にスクアッター地区に何度も行きましたが、そこにはそこの人間のコミュニティーがあるようです。
出産はまだ産婆さんがやる場合が多いようですし、ひっきりなしに出産する場面も多いようです。

2015/ 02/ 21( 土) 15: 46: 40| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。