スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

英雄色を好む

大家族と言っても私の場合ではないが、フィリピンでは一族ごとに分類すると本当に大家族の家系が多い。
先だっての記事で従兄弟や又従姉妹の果てまで家族という言い方をするという内容だったが、これは先ほど聞いた話である。

例えば家族の中で政府の関係で選挙に出る場合がある。
フィリピンの場合同じ名字を名乗っている場合、何がしかの関連が有り、その一族を纏めたら相当な人数になる筈である。

その場合票集めのための大家族、即ちわざと子沢山にし、一族からの票を集めやすいというのである。
ただ単に子沢山のファミリーもいるであろうが、そこのファミリーの家長が票をここに入れろと言うと、かなりの確率で票を集められるということである。

カミさんに聞いて見たが、彼女の田舎レイテ島のとある街では、そこの住人の大半が同じ姓を名乗っている地区もあるそうである。 確かにピラミッドの頂点にあるその苗字がピラミッドの底辺になると相当の人数に膨れ上がっている。
そういう風に考えると、そのファミリーが大きければ大きいほど、勢力が強いということに繋がる。

「英雄色を好む」という言葉があるが、これは満更一理あるのではないのか・・・・・・・・
色を好むのその裏側には、自分の勢力を拡大、即ち愛人を沢山作り子供を産ませる。
考えてみればこれは何処の国でも同じことであり、中近東のハーレム、日本の大奥などもそうであるが、女性を沢山確保し、そこに自分の子孫を残していく。
それが本流であろうが、支流であろうが、それは自分の子孫には違いないわけで、飽くまでも自分の分身なのである。

現在のフィリピンの政治家たちはスペイン系の家系、中国系の家系がもいるが、スペイン統治下に置いては、自分の勢力を誇示するには確かに領地の広さもあったであろうが、何よりもファミリーの大きさが物を言ったのではないのか、想像の域を出ないが、若しかしてそういう先祖からの教えは今でも脈々と続いているのでは無かろうか・・・・・

今の日本では核家族化に伴い、少子化現象が進んでいるが、権力争いが激しい国程そうした自分の血筋を増やそうとする傾向があるような気がする。
まあこれは野生動物の世界でも同じことで、雄はいかに自分の子孫を増やそうとしているかのごとく、励んでいるようにみえる。

決してフィリピンが野生に近いと言っているわけではないが、そうした子沢山はやはり元来動物の持つ本能がそうさせるのではなかろうかなどとも想像している。

因みに先ほど話題に出ていた某フィリピンの政治家には、愛人が8人その愛人との間に更に7~8人の子供がおり、これが又子供を増やしていく、鼠算ではないが、最後にその一族はどれだけ大ファミリーになっていくのか、相当の人数になる筈である。
その政治家か他界した際には体育館一つでも入りきれないほどの、所謂ファミリーの人間で埋まり尽くしたそうである。





 

コメント

お早うございます。

確かに欧米でも政治家の家柄とか家系とか手繰れば血縁関係が多くありますね。
日本でも戦国時代は如何に自分の血筋を多く持つかを苦心した面が感じられます。
勿論多く持つと言うことはその食い扶持も多く負担しなければなりませんからそれなりの才覚も併せて必要になったことでしょう。
以前在比邦人の方から比国の富裕層の名前と家柄を列挙したブログを見ました。
確かに洋の東西を問わず昔から色を好むは自分の勢力範囲の拡大が狙いだったのでしょうね。
昔から子種がなくなれば家は廃れると言われていますから…
比国の貧困層は女系家族でしたっけ?(笑
2015/ 02/ 28( 土) 09: 29: 03| URL| Yamachang# V/z9pnJc[ 編集 ]
 
Yamachangさん、おはようございます。

>勿論多く持つと言うことはその食い扶持も多く負担しなければなりませんからそれなりの才覚も併せて必要になったことでしょう。

問題はそこですよね、自分の器量で食い扶持出来る状態なのでしょうね、英雄の人達は・・・
タイトルの精力だけでは、子孫繁栄のみ、子供だけが沢山出来ても仕方がないですね(笑)

>比国の貧困層は女系家族でしたっけ?

シングルマザーが多いですから女系家族増えるという構造でしょうか・・・(笑)
2015/ 02/ 28( 土) 10: 50: 34| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
こんにちは、ショウタさん、皆さん。

フィリピンの「大家族」的なものは、在日フィリピン人家族にも見られます。
5人家族で来日し、工場勤務をしていますが、5人で働けば、毎月100万円程度の収入にはなります。
これはフィリピンでは考えられない高収入だと思いますが、絵に描いた餅なんですよねぇ。
目標が無いせいか、5人が揃って働くという事が少なく、働かない人が出てくるんです。
そして、働かない事にクレームをつける人が居ないのですから、首を傾げてしまいます。
こうしたケースは、家族で来日しているフィリピン人一家には良く見受けられます。ぶら下がって生きていくことを恥とは思わないし、そういう人を強く責めたりせず、受け入れちゃうんですね。
最近は、「ニート」なんて人も日本にはいますから、同じかもしれませんけどね。

働かないで生きていけるなら、それはそれでいいのかも知れませんね?!
2015/ 02/ 28( 土) 12: 42: 00| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
yuさん、こんにちは。

大家族と言うより日本に働きに行きたくて夢が叶う、しかしそこへ行ってしまうと、元の生活スタイルに戻ってしまうというのは有りますね。
以前派遣業者から派遣されたブラジル人家族と親しくなりました。

彼らは親子3人で働いておりましたが、3年間で一千万近くの預金をして、現在ではブラジルに帰り車の整備工場を開いております。
同じ土俵でもこれだけ違うのかということがまざまざと感じられますね。

>そういう人を強く責めたりせず、受け入れちゃうんですね。

これは子供の教育にも出ている気がします。
我が子が泣くから好きな物を買い与える、それが生活が貧しくても買い与える訳ですから、何か考え方の相違のような気がします。
しかしそれがブラ下がりの第一歩のような気がするのは私だけでしょうか・・・

>働かないで生きていけるなら、それはそれでいいのかも知れませんね?!

今回のテーマとは少し違いますが、「働かざる者食うべからず」という言葉が有りますが、働かずに食えなくなるのは日本だと誰も同情などしませんが、フィリピンの場合は食べ物が無くて可愛そうだとなってしまうのでしょうね。
全部がそうではなくて特に貧困層に多い気がします。

その生活から抜け出したいとは思っているでしょうが、気持ちだけ「マヒラップ」しかし行動するのは嫌がるというのが多いですね。
他人に意見されると極端に嫌がりますが、しかし頂くものは頂く、そういう暮らしの繰り返しなのですね。




2015/ 02/ 28( 土) 15: 18: 55| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
 ショウタさん・皆さん今日は。

 英雄色を好む、子孫繁栄、此の間、徳川家康の一生を、TVで見ていたのですが、
健康にも気をつけて居たようですが、妾には、出産経験の在る、女性を選んで居たと、
子孫繁栄だけを、考えていたのですね、(笑)
2015/ 02/ 28( 土) 17: 12: 26| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 
ダニエルさん、こんばんは。

子供産ませる為だけに妾にする、正に自分の子孫を残すためだけのような気がしますが、そのようなことが歴史では繰り返されて来たのですね。

フィリピンでもそれは例外では無い気が、しますが果たして庶民の間ではそれが、当てはまるのかどうかは疑問ですが、子沢山はただ単に先の戦略等はない気がします。

余談ですが、今このコメントを書いているブラウザはインターネットエクスプローラーを使っていますが、ブラウザによって表示の仕方が変わるのですね。
初めて知りました。  

2015/ 02/ 28( 土) 23: 14: 30| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。