スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピン家庭料理


最初フィリピンに来た頃に、マニラ郊外であるカビテ州ダスマリニャスという地域にステイしていた。
来たばかりで何もわからない私は此方の食事に随分と戸惑ったものである。
基本的に米飯食であるフィリピンもおかずと飯という形の食事になるが、そのおかずを食べてみて随分と日本とは違うと思ったものである。

料理の名前など解る由もなく、黙って出されたものを食べ続けた思い出がある。
確かに現在に至っても出された料理名や味が全て判る訳ではないが、ある程度の味や名前が判るようになった。
写真で紹介している料理は一般的に家庭で出されている物もあれば、特別な時の料理、トロトロと呼ばれる食堂に鍋が並び、そこでこれと言って指を指し注文する料理などである。

[広告] VPS

「Tulo tulo」と言うのは指差すという意味があり、鍋の蓋を空けておかずを指差して注文するから、そう呼ばれるようになったとのことである。
実は私は以前にこの「Tulo tulo」の店をやったことが有り、いくつか鍋を並べて食堂をやっていたが、この商売の欠点はその日に売り切らないと翌日まで持たせることが難しく、一般的には翌日火を通し直して又並べなければならないというリスクが有る。

そうしたリスクを回避するために、「Tapsilog」というおかず一品と目玉焼き、ガーリックライスのセットになった定食屋に変化していったという経緯があった。
何故なら「Tapsilog」はおかずを冷凍保存出来るし、目玉焼きは注文がある度に焼けばいいのである。

そもそもこの手のフィリピン料理中心の食堂はフィリピンでは何処でも有り、アジアの何処の国でもある、屋台風の店がフィリピンの庶民の間では主流になっているようである。

スクァッターと呼ばれる地区に住む住民たちは家にガス設備や冷蔵庫などが無い場合が多く、こうした食堂などからおかずと飯をテイクアウトして家で食べるというパターンが多いようである。


 

コメント

お早うございます。

何時しか在留邦人(今は故人)の誘いでマリキーナのトロトロの店が多数並んで営業してる傍らでの食事が好きになりました。嘗てオーデションで渡比していた頃は同行の比国人も日本食が好きでしたし私も比国の料理が食わず嫌いでした。特に比国米が絶対的に駄目でした。それがいつしか気にしなく食べれるようになりました。
日本にいてもトータンタローンやニラガは自分で作って食べます。
材料が多少違いますから現地の味は出ませんが、比国には比国に合った料理がありますね。
2015/ 03/ 09( 月) 08: 45: 09| URL| Yamachang# V/z9pnJc[ 編集 ]
 
おはようございます、 Yamachangさん

かつて日本の料理もそうだったように、ラーメンやトンカツやカレーなどは外国がルーツで、日本流に変化していった。

フィリピンもそうだと思いますが、レチョンなどは元々スペイン料理、兎に角ハロハロに混ざった料理が多いですね。

スペイン、そして中華料理、そして今や日本料理も加わろうとしています。
しかしその国流に変化していくのも自然な気が致します。

ただ不思議に思うのは韓国レストランがこれだけ多い中で、その食べ物が変化していったのをあまり見かけません。

もっとも韓国料理として出されている太巻きや餃子やカツ丼などは、韓国風にもかかわらず、此方では日本料理であると勘違いしているようです。

良いのですねそれで、口に合って皆が食すようになれば、それがフィリピンの食べ物に変化していく。 ハロハロと呼ばれるフィリピン風かき氷も日本のかき氷が元だと言われますが、変化したものがフィリピンのハロハロなのですね。







2015/ 03/ 09( 月) 11: 40: 32| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
こんにちは、ショウタさん、皆さん。

私がフィリピンで「何を食べたか記憶がない」というのは、ショウタさんが言われる「料理の名前など解る由もなく、黙って出されたものを食べ」てるからだな、と気づきました。
フィリピンでは不味いものを食べた記憶がありませんので、フィリピンの食べ物は大丈夫なんでしょうね、私は。
ダメなものは、「見た目」で拒否してしまう事が有るかも知れません。バロットやトカゲの姿焼きみたいなものは、どうも・・・。

小さいサリサリでも鉄格子がありますが、夜の屋台では「無防備」ですよね。でも、あまり強盗や泥棒の被害が起きないみたいで、なんだか不思議な気がするんですよね。起きているのを知らないだけなんですかね?!それほどお金があると思われないので、ターゲットにならないのかな??
しかし、屋台の料理を食べるのは、すぐにお腹をこわす私には勇気が必要です。屋台を見ているのは好きなんですけどね。
強盗や泥棒の被害が
2015/ 03/ 09( 月) 16: 22: 02| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
yuさんこんばんは。

>フィリピンでは不味いものを食べた記憶がありませんので、フィリピンの食べ物は大丈夫なんでしょうね、私は。

皆根底にはこれがあるのでしょうね、だから此方に住んでいられるのもあるでしょう。
私も休みになると日本のレストランには行かずに、新しく出来たフィリピンレストランを回ることが多いです。

>ダメなものは、「見た目」で拒否してしまう事が有るかも知れません。バロットやトカゲの姿焼きみたいなものは、どうも・・・。

その手の食べ物は私も受け付けません、しかし食べたら美味しいのかも・・・・(笑)
邦人の方でも喜んで食べる方もいらっしゃるようですが、逆に納豆をフィリピン人に勧めてどういう感想を述べるか聞いてみたいです。

>夜の屋台では「無防備」ですよね

大概は経営者が別に居りまめに集金に来ているようですが、やはり被害には会っているようです。 大した金額じゃないかもしれませんが、それでも狙われる、やはり人気のない場所はダメですね。




2015/ 03/ 09( 月) 18: 15: 17| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
 ショウタさん・皆さんお早う御座います。
私のフィリピンでの外食は、タダ飯が多いのですが、入管に出向いた時等は、身近なトロトロですね、人が多く、屯する店を、狙いますが、程々に美味しいですね、料金の安さが、魅力ですね、m(_ _)m
 写真のドゴは、一番嫌いです、レバー似の味ですが、
ドラキュラを、を思い起こすのです。
 
2015/ 03/ 10( 火) 09: 04: 07| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 
おはようございます、ダニエルさん

ネットがダウンいたしまして只今復旧いたしました。

その間にIPTVも二晩見ることが出来ませんでした(泣)

ドゴのBBQは私も食べる気がしませんが、ディノグアンという血で臓物を煮込んだ物は食べたことがあります。

コクがあり美味しかったですが、要は豚の血ですから、何が混入しているか判らないので食べないことにしました。

>ドラキュラを、を思い起こすのです。

ディノグアンを食べると口の周りが血だらけです(笑)



2015/ 03/ 11( 水) 09: 55: 34| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。