スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

米飯食とフィリピン

p1000755 (640x480)
フィリピンの朝食の代表とも言えるパンデサール、此方では米食もメインになるが、実はパンも沢山食べられている。

コーヒーにパンを浸して食べる、確かに消化が良さそうだが、その分すぐ空腹になるだろうな。
パンは米食に比べたら消化も良く栄養価も高いとのことだが、
此方では朝食のパンデサール以外はミリエンダと呼ばれる間食に食べられることが多い。
great-food-from-the-philippines-13.jpg
フィリピンの食べ物の王者、やはり米飯食であるが、大概はここにスープが付く。
アジア全般に主食は米飯食だと思うが、日本でも、もちろん米飯食がメインの方も多いであろう。

米を炊いたらオカズが当然必要となるだろうが、此方フィリピンで見られる普通の食卓では、オカズ一品とご飯、そこにスープがあれば上等ということになるが、バランスを考えた野菜などを副食として摂る場面は余り見られない。

これも一つのフィリピンの食事の特徴であるが、パーティーなどで出される「レチョン」などの肉料理は、此方では最高のご馳走とされているが、この場合も食べるのは肉のみ、それをオカズで沢山の飯を食べるのが普通である。

此方ではビタミン剤のようなサプリメントを子供の頃から普通に飲用させるが、これは他国の場合は野菜から摂取する場合が多いのではなかろうか・・・。

子供の頃に学校給食で出された野菜の沢山入った料理を嫌いな野菜だけ残して食べたような記憶があるが、全部食べなければ居残りで食べさせられたことだけ妙に脳裏に残っている。

このようなことをここフィリピンで適用したら、子供の両親は激怒して学校に文句を言うだろうな・・・。


6832321-fork-and-spoon-on-black-background.jpg

フィリピンでは何故フォークとスプーンで食事をするのかという話題がしばしば出るが、一説にはスペイン統治下の頃に下働きの現地の人にナイフとフォークを与えたら武器にも成り得るのでフォークを使わないという説がある。
それともう一説には、粘り気のないインディカ米に対して汁気の有るオカズを掬いやすいようにスプーンを使うのだろうという説である。

私はフィリピン人と一緒に食事をする場合が多々あるが、そのどちらも頷けるが、自分なりの見解であるが、フィリピンの食事の形態がスプーンを使わなければ掬えない程の粘り気の無い米飯と、
そこに汁気の有るオカズをまぶして食べるのに、何処にナイフの存在など必要とするのだろうということである。

どの説が正しいのか間違っているのかなどという話は抜きにして、実用的な観点からすれば、スプーンとフォークが一番フィリピンの食事には合っている気がする。
2272467[1]

まあ食器を必要としない「カマヤン」という手で直接ご飯を食べる人も未だにいるが、これはこれで理にかなっているのだろう。




 

コメント

おはようございます、ショウタさん。

指でゴハンを食べるフィリピン人を見ていると、比喩ですが寿司職人の様な「技術」を感じます。私には、ちょっと真似が出来ない指使いですね、あれは。

スプーンをナイフ代わりに使う発想が、包丁を鎌にしちゃうんじゃないかと・・・、ハハハ。
ステーキをスプーンで切るのを見た時は、「ふぅ~ん」と感心してしまいました。「熟練」とは大したものですね。
2013/ 09/ 04( 水) 07: 17: 00| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
yuさん、おはようございます。

>指でゴハンを食べるフィリピン人を見ていると、比喩ですが寿司職人の様な「技術」を感じます。

意外となれると簡単に出来ますよ、纏めて親指で押し出しながら食べる。
でも手が汚れるので洗うのが大変ですね。
確か本家の「カマヤン・レストラン」じゃ壺に蛇口の付いた場所で手を洗うと思うのですが。

>ステーキをスプーンで切るのを見た時は、「ふぅ~ん」と感心してしまいました。「熟練」とは大したものですね。


本来であればナイフですよね、しかしナイフは必要としない、大したものです。


2013/ 09/ 04( 水) 07: 44: 02| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
ショウタさん、皆さんお早うございます。

フィリピン家庭で食事をお呼ばれすると、未だにカマヤンスタイルを多く目にします。
スプーンやフォークが有るのにあえてカマヤンで食べるのは、慣れ親しんだ一番美味しい食べ方なのかな?などと勝手に感じて居ます。

チキンや魚など食べた後を見ると、実に綺麗に骨だけが残って居て、箸使いの上手な日本人でも此処までは綺麗に食べられないですね。
やはり指先には適いません。(笑)
私は箸使いが下手で骨までしゃぶらないので、何時も食べ残し状態で逆に恥ずかしい思いをしてしまいます。

生涯数度しか食べた事無いフランス料理など、左右に大小のナイフ・フォーク・スプーンが沢山並び、料理を楽しむ事など忘れて、とても味など気にする余裕も有りませんでした。(笑)

それにしても、小学校給食時の先割れスプーンを懐かしく感じてしまいます。(笑)
2013/ 09/ 04( 水) 10: 16: 50| URL| きら# mtf/iVOo[ 編集 ]
 
きらさん、おはようございます。

カマヤンスタイルはやはりマレーシアからインドネシアなどと同じ民族だということを象徴していますね、本当は手で食べるのが美味しいのでしょうね。

>チキンや魚など食べた後を見ると、実に綺麗に骨だけが残って居て、箸使いの上手な日本人でも此処までは綺麗に食べられないですね。

しかも骨だけの料理もありますね、うちでは焼き鳥を仕込むのに外した鶏の骨を煮込んで賄いなどで食べております。
皆喜んで食べておりますが、骨も煮こんでラーメンのスープストックにするといいですね。


>生涯数度しか食べた事無いフランス料理など、左右に大小のナイフ・フォーク・スプーンが沢山並び、料理を楽しむ事など忘れて、とても味など気にする余裕も有りませんでした。(笑)

右に同じくです。
マナーを気にして食べるのは味がそっちのけになってしまいますね、しかし箸文化の国は少ないですね。ただチャーハンとかカレーまで箸で食べたがる人達がいますが、難しいだろうなと思って見ております(笑)


そう言えばタガイタイのリベラホテルのオーナーですが、彼は実業家でカビテにパレンケを作り、そこを日貸しで賃貸店舗にしているようです。
日本で彼と会ったら宜しくお伝え下さい。
2013/ 09/ 04( 水) 11: 25: 16| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
こんにちは。

カマヤンにも挑戦しましたが、難しいです。箸使いも子供の頃からの習慣で慣れているから簡単に出来ますが、フイリピン人には難しいようです。どんな方法にしろ、美味しく頂けることが大事ですね。
2013/ 09/ 04( 水) 13: 28: 31| URL| 正木和美# pWemETxs[ 編集 ]
 
 ショウタさん・皆さん今日は、

 私が初めてタガイタイを訪れた時は、元論カマヤンスタイルですね、テレビでは盛んに、スプーンとフォークの使用を訴える、政府広報が、流されていました。衛生面から、
カマヤンを止めようと、毎日ですからね、スプーンと、
フォークの使用を、習慣づけようと、必死だったのですね、
2013/ 09/ 04( 水) 16: 23: 20| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yakitoriizakaya.blog.fc2.com/tb.php/19-9d3769f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。