スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日本米事情

ここのところ市場から中国米が姿を消した。
世界一輸入米の量が多い米生産国でも有るフィリピン、ここで密輸米を一切遮断したということなのか・・・
写真の米はネグロス島で栽培されているフィリピン産のコシヒカリである。

先の中国米であるが、日本の品種に近い米なのかショート・グレイン(短粒米)で新米の頃はかなりの品質であると思っていた。
この米に関しては密輸米もあろうし出荷の調整も頻繁で価格の変動が激しく、それでも過去10年以上はこの米を日本レストランでは主流で使っていた所も多かったのではなかろうか・・・・

フィリピンで主食とされている米はロング・グレイン(長粒米)が殆どであるが、ショート・グレインも無いことはなく、これは日本で言うところの水田米ではなく、陸稲のような気がする。
長粒米は明らかに短粒米とは違った食味で、粘りのある短粒米を常食としている我々日本人は毎日食べるには抵抗の有る方も多いようである。

さてこの米に関してもそうであるが、長い間フィリピンで君臨している家電品なども、中国製品のシェアは高く、米も同じことなのだろうが、一つだけ違うのは課税されているかどうかということである。

確かに此方ではスマグルと呼ばれる脱税米が蔓延っていたのは確かであるが、消費者側としては店頭に並んでいるものを買うだけの話であるで、そのあたりの事情はつゆ知らずである。・

何れにしてもこのコシヒカリもこのまま中国米が無くなるとなれば、足りなくなるというのは必至であろう。
日本でもコメ不足の時期にタイ米を輸入した時期があったが、ここフィリピンでは絶体消費量に精生産が追いつかないが為の米の輸入、そういう話になると今後はこの輸入米禁止のおかげで米不足という自体が生じてくるのではなかろうか・・・・
まあ決まっても直ぐに撤廃というパターンが多いこの国の法案、あるものを食して行くしか無いには変わりないが・・・・・



001 (372x640)

006 (552x640)
 

コメント

こんにちは。

先日、カルティマールに行ってきたのですが、そう言えば中国米が無かった気がしました。
密輸米だったのですかね?
勿論消費者の私は、買う方に違法性が無ければ、安いに越した事無いですし、別に気にしませんが。(笑)

安売りのメッカのデビソリアやバクラランなどでも、色んな中国製の物が売っていますが、物によってはコピー物も売っているので密輸なんでしょうね。

写真のコシヒカリはよく食べていますが、生産はネグロスだったのでしたか。知りませんでした。
ササニシキの方が若干安いですね。
数年前は5kgでP500位だった気がしますが、何時も買う所で今はP590します。
と言う事は...今後も益々値が上がっていくのかな?
インフレが進むフィリピンですね。(涙)

2014/ 03/ 07( 金) 13: 10: 41| URL| きら# mtf/iVOo[ 編集 ]
 
こんにちは、

以前、大量の米が倉庫に眠っていましたね。この度、ミンドロ島に行って農地改革の出来なかった実態を見てきました。殆どが小作人で地主が収穫量の70パーセント、小作人が30パーセント。機械化は進んでおらず、田植えも一日200ペソの労働者に頼っています。田植えの賃金は日払いで、5人雇えば、1,000ペソ必要になり、その金が準備出来ず、小作人になるにも大変なようでした。ちなみに、ミンドロ島のサルセードという地名ですが、一つの村をサルセードという大地主が所有しているのです。この制度が存続する限り農業従事者は豊かになれないでしょう。輸入を厳しく制限しているのは農業従事者を救おうとしているのでしょうが、今になったら農地改革は難しいでしょう。フィリピンの三角形の頂点に居座る高額所得者の実態を見るような気がしました。
2014/ 03/ 07( 金) 14: 14: 15| URL| 正木和美# l/VZmCVM[ 編集 ]
 
おはようございます、きらさん

>密輸米だったのですかね?

これは既成事実のようです。
華僑商人が米を供給し安いので皆承知の上で買い求めていたのでは無いでしょうか。
仰るとおり我々消費者は市場に出ているものを買うだけですから、出処云々は考えませんよね普通。

>物によってはコピー物も売っているので密輸なんでしょうね。

密輸といえば酒類なんかも多そうですね、中華薬局の薬なんかもそんな気がしますが・・・・

> 写真のコシヒカリはよく食べていますが、生産はネグロスだったのでしたか。知りませんでした。

このお米さすがに粘りが有り、いいですね、ササニシキも同じ業者ですよね。値段は中国米の2倍はしていますが・・・・。

しかしあの中国米はかなりのシェアがあったと思いますので、消えた今はこの米の需要は当然増えると思いますが、収穫までに時間がかかるはずですから、一時日本米は不足するような気がします。
2014/ 03/ 08( 土) 07: 07: 48| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
正木さん、おはようございます。

私も以前に日本米を作付けする現場に行ったことが有りますが、三毛作の三回の収穫を合わせても、日本の一毛作の収穫量に満たないぐらいですから、相当管理の段階で肥料やら人件費は倹約しているように感じました。

日本の場合には米の流通や作付けにはかなり神経質になって気を使いますが、此方では農業従事者は報われない仕組みが故に、皆地主や買い付け商人の買い手市場とう言うのは否めない気が致します。

今回米の輸入規制をしたのは、国内の農家を保護する為の政策だと思うのですが、それ以前に農業自体、大地主と小作人の関係の関係が解決されない以上品質も収穫量も上向きにならないという気がします。

>フィリピンの三角形の頂点に居座る高額所得者の実態を見るような気がしました。

全てにおいてこれが問題になっているのでは無いでしょうか・・・
2014/ 03/ 08( 土) 07: 22: 05| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
新しいブログに訪問して下さってありがとう御座いました!
今まで長く書き過ぎるところがあったので、ショウタさんのように小出しに書くようにしようと思っています。自分で読んでいても疲れて来るんですからどうしようもないです。そう、ブログは自分の日記みたいになってきていますね。でもイミグレーションのことなど情報も提供していきたいです。私のブログにメッセージをくれた方でリコグニションのことを知らずに居た方が今年から留学するのに教えてあげたらぎりぎり間に合ったりして、ハーフの人は日本の方が多いと思うので、フィリピンに出生届を出してなくてもリコグニションは取れるし、日本大使館も奨励しているので違法ではないことをいつかきちんと書きたいです。

違法と言えば、このスマグリングもなくなりませんね。12月にカルティマールのだるまやで日本産のお米を10kg1500ペソで買って、とても美味しかったので戻ると全部売り切りたいから1200ペソでいいよ〜と言うので30kg買って来たんですが、スペインに行く前にカルティマールに立ち寄ると(お米を買いに行ったわけではないんですが)米が全く売られておらず、その中国からの米を輸入禁止にしたとかなんとか納得のいかない説明でしたっけ。今はまたお米が売られているのでまた変わったのかしら。

うちは主人がお米を食べない(痩せたいから)と言い出して、帰国してから殆どお米を食べてません。私は玄米でお赤飯を作ったり、麦ご飯を炊いたりしますが、主人はクラッカーとか、あとアイスクリームとか(笑)。メイドさんはディノラードという香りが良いお米を自分たち用に買ってあげてます。うちのメイドさん達は食費に糸目をつけないで何でも買ってあげてるんですが、料理が面倒な人達なのでそんなには出費していません。と言っても運転手さん2人とメイドさん4人居るので月に15000ペソくらいは使ってるかしら。粉ミルクも欲しいとか言って買ってあげてるので。話しは変わりますが、最近外食がすごく高いですよね。ショウタさんのところはやはりこのバブルのあおりで経営が大変なのでしょうか。この異常な物価高のバブルはいつかはじけるのかしら。結局、便乗値上げしたりして得した人が得という感じなんでしょうか。昔は日本のマヨネーズは高かったのに今はフィリピンのマヨネーズの方が高かったりして不思議現象だと思います。
2014/ 06/ 17( 火) 11: 33: 28| URL| 菜の花 # qj736MGw[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。