スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

若年出産そして・・・

若年出産これはフィリピンでは珍しくないが、おまけに父親がいないシングルマザーの割合も多い。
先日店で雇い入れている従業員から連絡があり、
「子供が病気になったので休ませて下さい」
という内容であった。

そもそも年齢がまだ20歳そこそこのその娘だが、子供の年齢が5歳だそうである。
此方じゃお決まりのパターンで、亭主はいない。
普段子供は本人の妹が面倒を見ているとのことだが、大概身内の病気に付き物なのが前借りである。

薬を買うで済めばいいが、病院に入院したなど言うことが有ると大騒ぎして入院費を工面し回る。
今回の病気というのは、正確には病気ではなく、子供同士で遊んでいて、鼻の中にプラスチックの
ボールが入ってしまい取れなくなったとのことで、そりゃ親にしてみれば心配なわけである。

此方の娘たちは若年で出産をし、子供の父親とは別れてしまうケースが多く、まだ若い身空の彼女たちには
大概はまた新しい亭主が出来る。
亭主ならまだいいが、ボーイフレンドという段階で子供を出産、その後はまた別れてしまい、同じく代わりを又探す。

そんなこんなで父親の違う子供が瞬く間に増えて、兄弟全員が父親が違うなどというケースも珍しくない。
庶民の暮らしの中で家計のやりくりの下手さ加減もあるが、そもそも人生計画などは何もなく、行き当たりばったりの人生、それでも夢は大きな家に住みメイドを何人も使って暮らすことなんて言う人が多い。

目標は大きなほど良いと思うが、そこまで行くには過程というものが存在する。
今現在子供を何人も抱えて、暮らし向きもままならない状況で、どうやって夢を達成するのだろう。
いつか彼女らに聞いた事がある。

「何をどうやったら、金持ちになれるの?」
という内容だったと思うが、その時の答えはこうである。

「兎に角いい仕事を探してお金を貯めて家を買う、それが駄目だったら日本に出稼ぎに行きたい」
という答だったと思うが、当時はまだ日本にタレントさんが飛んでいる時代で、余程羨ましく華やかに見えたのかもしれない。

今も日本を稼げる国として見ていることには変わりがないが、日本に行くことは難しい現在、最近では中東に飛んでいる人達もいるが、家族がアメリカやカナダにおり、そこを頼って海外に行く事が、即ち金持ちへの最短距離だと思っていることには変わりがないのだろうな・・・。

フィリピンで金持ちになることを夢見て、そのお金は海外で稼ぎ出すことを最良とするこの国って将来は有るのかななんて、余計な心配をする私である。



 

コメント

こんばんは、ショウタさん、皆さん。

スタッフのお子さんは、鼻で良かった(?)ですね。
これが喉だったりしたら、命にかかわる可能性がありますもんね。
それにしても、鼻に入るプラスチックボールって、何に使うボールなんですかね??

「稼ぎに追いつく貧乏なし」なんて言いますが、フィリピンでは「働けど働けど~」の印象が強いです。安いサラリーで高い物価みたいですから、労働者は大変ですね。

彼女が妊娠したり、出産すると、養育費から逃げちゃう男も多い様で、女性は大変ですね。
それでも「子殺し」が少ない様で、フィリピン女性は大したものだと思ったりします。
2013/ 08/ 02( 金) 22: 20: 21| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
男も子供も数ウチャ当たる!、で、懲りずに射ちまくる、生活改革が旺盛ですね、その内に外人、日本人と生活してみる、やってみないと解らない、論より、行動ですね、ある意味で勇敢、ある意味で計画的射撃、ある意味で、2度と無い若い内に、、、、、
2013/ 08/ 03( 土) 01: 56: 23| URL| 浦太郎# Td3YGNOs[ 編集 ]
 
ショウタさん、皆様おはようございます。

フィリピンでは妊婦や子供が実に多いですネ。
時々、妊婦か?違うのか??迷う女性も多く見かけますが...(汗)

益々高齢化社会を迎える日本と違い、平均年齢も若いフィリピンの将来は明るいと思っていましたが、よく考えると疑問も感じてきました。
それは繁華街等の一部の子供達ですが、子供故か犯罪行動が大胆すぎます。
子供は国の財産ですが、この様な子供が大きくなって、フィリピンの今後はどう変化していくのか?

やはり子供には環境と教育が大切だと思います。
フィリピンの経済界の大御所が、人口抑制しないとフィリピンの発展は無いと言った言葉が頭を離れません。
親なら子供の将来を案ずるのが本来の姿だと思いますが、此方の貧困層ではチョット事情が違いますね。
2013/ 08/ 03( 土) 07: 59: 11| URL| きら# mtf/iVOo[ 編集 ]
 
ショウタさん・皆さんお早う御座います。

 若年出産と云えば、我がバランガイで、二年ほど前、
13歳で、出産したと、義弟が云っていました。
 教会でも、子供が赤ちゃんを、連れていまして、引率の女性が、子供が赤ちゃんの、母親だと、云っていましたね、
遊んだ末の、出来事でしょうが、日本と違い、廻りの大人も、容認しているのでしょうね、日本でも同じかな、(笑)
2013/ 08/ 03( 土) 08: 33: 51| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 
yuさん,おはようございます。

鼻の穴に入るボールってそうですね想像がつきませんが、子供はそうした細かいものを見つけるのが得意ですからね。

>「稼ぎに追いつく貧乏なし」なんて言いますが、フィリピンでは「働けど働けど~」の印象が強いです。安いサラリーで高い物価みたいですから、労働者は大変ですね。

労働をする人間も多いですが、無職もこれ又多いですね。共稼ぎの夫婦はどちらかの兄弟や身内に子供を預けて働きに出る。
しかし稼いだ金では生活費にはとても足りない。したがって更に給料のいいところを常に探しているのが現状かもしれません。
面接を受けるのにも数軒同時に回るようですね、何せ連絡があり面接を受けたいが、そこまで行く足代がありませんなんてのも有ります。

>彼女が妊娠したり、出産すると、養育費から逃げちゃう男も多い様で、女性は大変ですね。

一時の快楽に身を委ねた結果なでしょうが、いつも子供を押し付けられるのは女性ですね。根が深いですね、一般庶民のライフスタイルが宗教的な影響を大きく受けているのも現実ですね。
2013/ 08/ 03( 土) 08: 59: 50| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
浦太郎さん、初めまして、おはようございます。

人間の体は若いほど元気で優秀な子供を産めるそうですが、十代半ば出産する女性たちは差し詰め子供が子供を出産するような印象がありますが。

確かに血の混じりも混沌としている気がしますが、その場所で生きていくという意味じゃ、フィリピン人の順応性はずば抜けている気がします。
2013/ 08/ 03( 土) 09: 06: 08| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
きらさん、おはようございます。

>フィリピンでは妊婦や子供が実に多いですネ。
時々、妊婦か?違うのか??迷う女性も多く見かけますが...(汗)

昔店を始めた当初ですが、仕事がかなり出来る女性がおりまして、いい戦力になって働いてくれましたが、如何せん私生活で夜な夜な遊び回っていたようで、
いつの間にか妊娠、しかし働きたいが為に自然堕胎するという薬を飲んだとのことですが、結局子供を産むために退職してしまいました。
戦前の日本の間引きではないですが、招かざる出産、という考え方は此方では少ないような気がします。

>それは繁華街等の一部の子供達ですが、子供故か犯罪行動が大胆すぎます。

親が泥棒に入るのに体の小さな子ども使う、小さな隙間から子供を中に入れ、内部から鍵を開けさせるなんてこともあるようで、子供のうちから、泥棒予備軍として育っていくケースも有るようです。


>やはり子供には環境と教育が大切だと思います。
フィリピンの経済界の大御所が、人口抑制しないとフィリピンの発展は無いと言った言葉が頭を離れません。

いつも帰りに通る道すがらに覚えの有る顔の少年がニコニコ笑ってフィリピン人特有の眉を上下させる挨拶をしてきます。
確かその少年は数年前に店の前に屯して、物乞いやら看板に石をぶつけて遊んでいた子供でした。当時はまだ7~8歳だったと思いますが、10歳を越してもまだ生活内容は変わらずやはりコンビニの前で屯しておりました。
親はなくとも子は育つといいますが、正にその通りですね。



2013/ 08/ 03( 土) 09: 31: 50| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
おはようございます、ダニエルさん。

>13歳で、出産したと、義弟が云っていました。

小学生の高学年で妊娠したということですね。ある意味自然の赴くままにというのが正しい表現なのか分かりませんが、女として機能が備わったら年齢は関係なくここでは立派な女なんですね。

日本もそう言うケースも有るのでしょうね。しかし未だに近親相姦や義父に犯されたなんてのも有るようですから、これは日本では考えられない気が致しますが・・・・。

2013/ 08/ 03( 土) 09: 39: 16| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://yakitoriizakaya.blog.fc2.com/tb.php/7-aa407981
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。