スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フィリピーノ・カ・タラガ

昨夜数年来店のお客さんでもある人と語り合っていた。
彼女はご亭主が船員で年に一度しか家には戻らない。
その彼女との会話の中で同席していた彼女の友人に対しての話しである

彼女 『貴方は本当にフィリピン人だね』

友人 『何で?』

彼女 『貴方にTXTして今何処にいると聞くと、必ず返事はON THE WAY(向かっている)と返ってくる』

友人 『ハハハ』

彼女 『私が聞いているのは今何処にいるかで、その質問に答えていない』

彼女 『それと会うときに時間を聞くと、必ずAFTER LUNCHという時間の分からない返事』

彼女 『仕事の状況を聞くと必ずAYOS LNG(大丈夫)という答え』

彼女 『それと彼女との関係を聞くと、必ずPWEDE(行ける)と答える』

友人 『それがフィリピンスタイルでしょ、確定した答えじゃなくてフィフティー・フィフティーの曖昧な答え』

私  『そう言われてみればそうだな、大概のフィリピン人はそう答えるよね』

彼女 『だから彼は本当にフィリピーノなんだね、全くひな形通りの会話だからね』


そこで私は気づいたのだが、フィリピン人同士のコミュニケーションでも、彼らは分かっていいてそういうやりとりをしている。
我々外国人はそういう会話になると答えがストレートに返ってこないと、イライラする場面も有るだろう。
そうかそれがフィリピン人の普通の会話であり、核心の答えは曖昧になるのだと改めて思う。

よくある話だが自分の過ちは認めず否定せず、結果、相手に詫びることもない。
そうか、根底に有るのは常に『フィフティー・フィフティー』どう転んでも良いということなのだ。

フィリピンの長い間の歴史がそうさせたのか、考えてみれば家族や本当に親しい知人との間でもこのような会話のキャッチボールになるのが普通のフィリピーノということになるのかな・・・・
フィリピンでも『確か』という言葉で『sigurado(シグラード)』という言葉、これもフィフティー・フィフティーという割合になるのかな・・・・・





 

コメント

こんにちは、ショウタさん。

「自分の過ちは認めず否定せず、結果、相手に詫びることもない。」
この言葉はフィリピン人に向けられる事が多いと思いますが、これに「嘘をつく」が加わっている日本人がいますね。
「他人のふり見て我がふりなおせ」
肝に銘じようと思います。
2014/ 12/ 14( 日) 14: 43: 14| URL| yu# yl2HcnkM[ 編集 ]
 
こんばんは、yuさん。

そうですか、そんなことがあったのですか、私も一端は見ていますが、そこまでとは・・・
確かに邦人の中にはそういう人いるでしょうし、フィリピン人の中にもいるかもしれません。

2014/ 12/ 14( 日) 23: 40: 56| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
フィリピン人の会話は確かに優柔不断な言い回しが多分にあります。
こちらの問いに対してはシグロ(多分)と答え後日確認すると約束ではないと言われます。
そしてこちらのシグロは諄いくらいに何時と問われます。
彼らなりの生活の知恵かも…(微妙
2014/ 12/ 15( 月) 13: 10: 39| URL| Yamachang# V/z9pnJc[ 編集 ]
 
 ショウタさん・今日は、皆さん・今日は、
 本日の議題は、面白いですね、時間にしても、
物事にしても、確定はさせないですね、後から言い逃れるような、言い回しをするのですね、それで最後には、嘘つきには成りませんね、日本人が真面目過ぎるのでしょうか、m(__)m
2014/ 12/ 15( 月) 16: 54: 03| URL| タガイタイ・ダニエル# -[ 編集 ]
 
こんばんは、 Yamachangさん。

>フィリピン人の会話は確かに優柔不断な言い回しが多分にあります。

そう思って聞いていると、別の約束を破られても腹も立たないのでしょうね。
以前カミさんの身内の会社のアウティングに一緒に行かないかと言われ、朝5時に集合して待っていた所、迎えの車が来たのはお昼でした(笑)

一緒に待っていたフィリピン人の会社の人達は、何も文句も言わずに『パルパック、ハハハ』と冗談を飛ばしていたのを思い出しました。
彼らは分かっているのですね、そうなるのではないかということを・・・(笑)


>そしてこちらのシグロは諄いくらいに何時と問われます。
彼らなりの生活の知恵かも…(微妙

まだシグロならいいのですが、シグラードと言って時間を守らないのもいますからね(笑)
シゴロの少しハッキリした言葉がシグラードなのかとも思ったりしております。

2014/ 12/ 15( 月) 18: 17: 41| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 
ダニエルさん、こんばんは。

そうなのですね、ハッキリしたことを言わない代わりにその分後からの言い逃れも考えている、実に合理的ですね(笑)

>物事にしても、確定はさせないですね

店の新規開店などでもそうですが、『Soon to Open』という垂れ幕を下げて、一年も二年もオープンしない場合が有りますね(笑)

全く間もなくオープンなどではないですが、平気ですね(笑)
あれッそう言えばあのフェスティバルモールのラーメン屋さんも良い暫く『Soon to Open』を掲げておりました(爆)
2014/ 12/ 15( 月) 18: 26: 00| URL| ショウタ# 1iUlC8DI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。