スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

若年出産そして・・・

若年出産これはフィリピンでは珍しくないが、おまけに父親がいないシングルマザーの割合も多い。
先日店で雇い入れている従業員から連絡があり、
「子供が病気になったので休ませて下さい」
という内容であった。

そもそも年齢がまだ20歳そこそこのその娘だが、子供の年齢が5歳だそうである。
此方じゃお決まりのパターンで、亭主はいない。
普段子供は本人の妹が面倒を見ているとのことだが、大概身内の病気に付き物なのが前借りである。

薬を買うで済めばいいが、病院に入院したなど言うことが有ると大騒ぎして入院費を工面し回る。
今回の病気というのは、正確には病気ではなく、子供同士で遊んでいて、鼻の中にプラスチックの
ボールが入ってしまい取れなくなったとのことで、そりゃ親にしてみれば心配なわけである。

此方の娘たちは若年で出産をし、子供の父親とは別れてしまうケースが多く、まだ若い身空の彼女たちには
大概はまた新しい亭主が出来る。
亭主ならまだいいが、ボーイフレンドという段階で子供を出産、その後はまた別れてしまい、同じく代わりを又探す。

そんなこんなで父親の違う子供が瞬く間に増えて、兄弟全員が父親が違うなどというケースも珍しくない。
庶民の暮らしの中で家計のやりくりの下手さ加減もあるが、そもそも人生計画などは何もなく、行き当たりばったりの人生、それでも夢は大きな家に住みメイドを何人も使って暮らすことなんて言う人が多い。

目標は大きなほど良いと思うが、そこまで行くには過程というものが存在する。
今現在子供を何人も抱えて、暮らし向きもままならない状況で、どうやって夢を達成するのだろう。
いつか彼女らに聞いた事がある。

「何をどうやったら、金持ちになれるの?」
という内容だったと思うが、その時の答えはこうである。

「兎に角いい仕事を探してお金を貯めて家を買う、それが駄目だったら日本に出稼ぎに行きたい」
という答だったと思うが、当時はまだ日本にタレントさんが飛んでいる時代で、余程羨ましく華やかに見えたのかもしれない。

今も日本を稼げる国として見ていることには変わりがないが、日本に行くことは難しい現在、最近では中東に飛んでいる人達もいるが、家族がアメリカやカナダにおり、そこを頼って海外に行く事が、即ち金持ちへの最短距離だと思っていることには変わりがないのだろうな・・・。

フィリピンで金持ちになることを夢見て、そのお金は海外で稼ぎ出すことを最良とするこの国って将来は有るのかななんて、余計な心配をする私である。



 

トロイ・ポ・カヨ

515 (640x480)


タガログ語でTULOYという言葉がある。
例えば継続して物事を続ける場合Tuloy Tuloyとという使い方をする。
今でも現存しているが、コンピューターウィルスの「トロイの木馬」ではない。

先日知人宅にお邪魔した時に玄関先に立っていたら、「Tuloy po kayo」とその家の家人に言われた。
ん、どういう意味なんだろうと一瞬戸惑ったが、中にどうぞ入って下さいという意味なのだと解釈した。

タガログ語で最初に使い方を戸惑ったのは、他人の家のトイレを借りる際のことである。
普通日本語だと「トイレを貸してください」という使い方になるが、タガログ語に直訳すると
「Pwede pa hiram CR?」CRとは此方のコンフォート・ルームを短縮した言葉であるが、CRを借りると言ってはいけない。
Pahiramという言葉を使ったら、相手に笑われた事があった。
「あんたうちのトイレを持って行って貰っては困る、そういう場合はGamitenという意味の使うという言葉が正しい」と言われたことがあった。
021 (640x480)

それと似たような場面であるが、此方のモールやスーパーなどでは大概軽食を売っているファーストフードコーナーを設けているが、そこには食事が出来るようにテーブルと椅子が置いてある。
例えば4席が有りそこに2人で座ったとする。

当選2席は空いていることになるが、良く「その2席は空いているのか」と聞かれることがある。
その場合タガログ語では有るか無いかという返答の仕方になるようだ。有るは「mayroon」、無いは「wala」になるのであるが、この返答の仕方は非常に戸惑うところである。

「Wala」という言葉が席が無いのか、座る人がいないのか非常に迷うところである。実際には「Wala」と返答したら座っている人がいないという使い方になるらしいが、
私はいつも頭が混乱するので、先出の「Tuloy po kayo」という言葉を使うことにしている。これが正しい使い方なのかどうかは定かでは無いが、まあ相手は変な顔もしないので正しいのだろう。

タガログ語だけではなく英語や他の言語もそうした日本語と全く逆の使い方をすることもあるが、長年住んで普段使っていているタガログ語も奥が深いと今更感じている次第である。






 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。